内田勝正さん死去!肝臓がんだった?妻や子供を徹底調査!

芸能エンタメ
スポンサーリンク

内田勝正さん(うちだ・かつまさ=俳優)が1月31日、肝細胞がんで死去という報道が流れました。年齢は75歳でした。2月2日に家族葬を営んだそうです。内田勝正さんは結婚していた?妻や子供が存在しています!家族の心境は?

「内田勝正」の画像検索結果"

内田勝正さんについて

内田勝正さんは、千葉県の出身です。1966年、劇団四季研究所入所。

劇団「浪漫劇場」を経て、テレビドラマを中心に活躍。

1987年映画「夜汽車」、1991年映画「本気」、「修羅のみち」シリーズ、「日本の首領」などVシネマを中心に活躍する。1969年NHK大河ドラマ「天と地」「水戸黄門」「大岡越前」「暴れん坊将軍」など、多数の時代劇に悪役として出演しました。2010年からは日本俳優連合副理事長を務めておりました。

特技は英会話、乗馬、スポーツ全般ということです。

「内田勝正」の画像検索結果

なんでもできちゃう内田勝正さん

公式サイトでは「葬儀は、故人のご希望で2月2日家族葬を行なったとご子息から連絡がございました」とし「10年前に胃がんの手術を受けたのですが、昨年、体調が思わしくなくなり、入退院を繰り返しておられました。昨年暮れに忘年会をやろうとご本人が提案なさり、ご自宅を訪問しました。その時、覚悟を決めておられると伺って居りました。今思えば、潔い立派なお別れだったと思います」。

続けて「長年、実演家の就業環境改善の事を考え、文字通り身を挺して活動なさいました。志半ばで、残念であろうと思いますが、残ったわれわれが遺志を引き継いでゆく所存です。衷心より、哀悼の意を捧げます」と偲んでいます。「内田勝正」の画像検索結果

死因はなに?

内田さんは青山学院大卒業後に劇団『四季』の研究所に入所。その後は劇団『浪曼劇場』を経て、名悪役としてTBS系時代劇『水戸黄門』『大岡越前』などに出演していて、以前より胃がん・肝臓がんを患っていたようです。

一般的には70代後半の男性の主な親としては悪性癌だったり脳血管や肺炎などが考えられますが、もしかしたら、癌が転移していたのかもしれませんね。

息子がいた?

もうすでに葬儀は終わっていて2月2日に家族葬が行われたことが報告されていましたが、気になる内田正勝さんの妻や息子さんに関する情報ですが、サイトでこのように書かれてありますね。

葬儀は、故人のご希望で2月2日家族葬を行なったとご子息から連絡がございました。

このようにご子息から連絡があったと言う事は息子さんが存在事することがわかりました。内田勝正さんはご結婚されていて妻がおり、そのお子さんもいらっしゃると言う事、そしてお子さんは息子さんであることがわかりましたね。

ご結婚された奥様はどのような人?

いろいろ調べてみたところ1987年に放送されたドラマ未亡人で二宮きよ子さんの再婚相手を演じていたことがわかりました。

そのため2人が再婚したのでは?と言う噂が流れていたようですがこの情報は、よくあるある!で、どうやらデマ情報のようです。

芸能人の方と結婚されたのかなあと予想されましたがこれだけ探しても情報がないため、おそらく一般の方と結婚されたと思われます。

どちらにしても悲しみの中にいるご家族の心境を考えると、そっと見守っていたいなと思います。どうか、安らかに・・・

座頭市物語の時はかなりのイケメン!でしたね「内田勝正」の画像検索結果"

コメント

タイトルとURLをコピーしました