米寿(88歳)のお祝いに贈るメッセージは?喜ばれるギフト特集!

記念日特集
スポンサーリンク

米寿(べいじゅ)という言うのは88歳を迎えた際の長寿のお祝いのことを言います。米寿を元気に迎えれたことは、ご家族にとっても本当に嬉しいことではないでしょうか。言われて嬉しいメッセージや、喜ばれるギフトを見つけましたので、是非プレゼントしてはいかがでしょうか。

米寿のお祝いはちゃんちゃんこを贈るの?

「米寿お祝い」の画像検索結果米寿のお祝いも還暦のお祝いと同じくちゃんちゃんこをプレゼントする文化があります。ただし還暦祝いのちゃんちゃんこと違う点が色です。還暦はテーマカラーが赤ですが、米寿のテーマカラーは黄色、金茶など黄系の色合いです。

日本では、60歳の還暦、70歳の古希、77歳の喜寿、80歳の傘寿に続く4番目の長寿のお祝いになります。米寿という感じの米は、分解すると”八十八”になることから付けられました名前だそうです。日本で「八」は縁起がいいとされているため、八が2つ重なる88歳をお祝いの年とする風習が生まれました。

近年の日本は平均寿命が高いので傘寿や米寿あたりが現代の長寿祝いといえる年齢になるでしょう。還暦や古希の年齢ではまだまだ現役の方が多いですね。

華やかなイメージのある黄色や金色は見ているだけで、元気になれそうですね。

 

 

どんなメッセージが喜ばれる?

どんな言葉でも、もらったら嬉しいものですが、ここでは日頃思っていてもなかなか言葉に出したり手紙に書くことって、ないですよね。この米寿のお祝いを良き場として、日頃の感謝を形にして伝えてみましょう。思いがきちんと届くオリジナルメッセージを書けるように、さらに喜んでもらえるポイントをご紹介します。米寿祝いならではのメッセージ、言葉をもらった方は自然と可愛い笑顔を引き出すことができますよ

88歳まで生きてくれていることに感謝を贈りましょう。

88歳の人がもらって嬉しいと思うのは、やはり、元気な姿を褒めてくれることが一番嬉しいでしょう。「88歳には見えないよね。」や「生き生きしている」「顔色が良いよね」などの、若く見える!元気いっぱい!という言葉は何度言われても嬉しく、同時にこれからも頑張ろうと思うものです。

一緒にいると安心する・・・といった存在感に感謝をしよう。

年を重ねて、若い頃みたいには動けなくなっても、人は、周りから頼りにされたいと感じるものです。仕事を退職し、だんだん自由に出歩けなくなってしま子の時期に、「いてくれてよかった」「頼りにしているの」と言葉で伝えてあげましょう。

 

特に、お父さんやおじいちゃんへ贈る場合は、「一家の大黒柱として頼りにしている」などのメッセージを書くととても喜ばれますよ。お母さんやおばあちゃんでしたら、「いつも笑っている顔を見るとこちらが元気をもらっているよ」などの言葉も嬉しいものです。

昔の思い出を話して沢山笑おう。

「昔、よく手袋を編んでもらったよね。」「あそこに旅行へ行ったときは、あれがすごく美味しかったよね。また一緒にいきたいね」など、昔のエピソードは、懐かしい思い出にひたれるので感動してもらえます。このようなメッセージは、温かい思いやりや優しさも一緒に伝わるでおすすめですね。

伝える側も恥ずかしがらずに、しっかり伝えましょう。伝え方は、顔を見て言葉で伝えられると一番良いですが、それが難しければお手紙を書いて渡すという方法でも喜んでもらえますよ。

喜ばれるプレゼントは、これ!

 

今回は実際にkirarinが送ってすごく喜ばれたプレゼントをご紹介します!

「お誕生日新聞」をご存じですか?

お誕生日新聞とは誕生日など思い出の日の新聞を購入できるサービスです。
88年前の誕生日や結婚記念日に発行された新聞を取り寄せて、家族全員で当時の思い出を懐かしんでみてはいかがでしょうか。

過去の新聞記事や広告、テレビ欄などで懐かしい記憶が蘇り、思い出話に花が咲き、きっと素晴らしいひと時を過ごせるでしょう。

米寿祝いのお誕生日新聞はこちらから⇒お誕生日新聞オンラインショップ

 

88年前の誕生日に発行された新聞をジグソーパズルにして贈りませんか?

【米寿祝い】記念日パズル 生まれた日の新聞 パズル オリジナルフレーム付き

米寿祝いに88年前の誕生日に発行された新聞をジグソーパズルにして贈りませんか?

ご家族・ご友人の方とパズルを組み立てて楽しむと同時に、出来上がった時の感動も味わえるユニークな贈り物としてご好評いただいております。

パズルピースの大きさは3種類!
出来上がったパズルをオリジナルフレームに入れて、お部屋のインテリアにぜひどうぞ!

88歳の米寿祝いに人気のプレゼント!生まれた日の新聞ギフト | お誕生日新聞オンラインショップ
88歳の米寿祝いのプレゼントに何を贈るか悩んでいませんか?一生に一度の米寿のお祝いは「今までの人生の思い出」を贈りたい。そんな時には88年前の「生まれた日の新聞」をサプライズでプレゼントしませんか?大切な方の長寿祝いの記念日品として。当店がオススメする米寿祝いにピッタリなギフトをご紹介します。

ケーキに感謝の気持ちを載せて

ここでは、米寿のお祝いの場にふさわしい華やかなケーキをご紹介します。どれも特別感があるもので、思い出に残ることでしょう。

こちらは、一風変わってケーキにメッセージや「感謝状」などの文を印刷するものです。普段の誕生日ケーキなどでは、チョコプレートに名前を書いてもらうのが定番ですが、こちらはケーキ自体にメッセージなどを載せることができる珍しい形のケーキです。

感謝状ケーキ 15cm×18cm(Cake.jp ORIGINAL) | Cake.jp
節目の言葉を賞状にして送ってみませんか?サンドにはとちおとめを使用し、チョコレートたっぷりのガナッシュで仕上げました。苺の甘酸っぱさと濃厚なチョコの香りが重なって、口どけ滑らかに香りまで美味しい逸品です。甘すぎず、ぺろりと食べられます!

 

お祝いの開催は体調を考えながら行うことが大切!

米寿・88歳ともなれば、長い時間お話していると疲れてしまったり、と体調がすぐれないという人も多いでしょう。旅行など外出してお祝い事をするのは素晴らしいことですが、ご本人の身体に負担をかけさせてしまわないように、米寿のお祝いを迎えられる方の体調を十分に考えて、いつどのようなお祝いをすればいいのかを皆さんで考えて、素敵な一日にしてくださいね。

 

大切な人とのかけがえのない時間に感謝して・・・
米寿おめでとうございます!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました