宮川花子が奈良の病院で入院中!一人娘の宮川さゆみも漫才コンビ!?

芸能エンタメ
スポンサーリンク

宮川花子さんが血液のガンの一種、多発性骨髄腫で入院していると発表されました。宮川花子さんが入院しているのは奈良の大病院です。入院中は家族支えが必要です。宮川花子さんには一人娘の宮川さゆみさんがいますね。実は娘さんも漫才コンビをしていたそうです。病気や入院先、娘さんについて調べました。

多発性骨髄腫ってどんな病気?

多発性骨髄腫の症状とは

*多発性骨髄腫ではどんな症状がみられますか?
*三大症状は、①貧血、②骨痛や骨折、③腎臓機能の悪化(むくみが出たり尿が減る)
患者さんによって症状はさまざまですが、一般的に、①血球(赤血球、血小板、白血球)が減少し、貧血などの症状が起こる、②骨に障害が起こり、腰痛が起きたり、骨折しやすくなる、③腎臓の機能が悪くなり、むくみが出たり尿が減る、というのが三大症状です

図4 多発性骨髄腫ではさまざまな症状があらわれます

では、なぜ血球が減少するのでしょう。骨髄腫細胞は骨髄(血液の工場)の中でどんどん増え続け、しだいに正常な造血細胞(血液をつくる細胞)を押しのけてしまいます。その結果、正常な血液がつくれなくなり、血球が減少します。赤血球が減ると貧血になりますし、血小板が減ると血が止まらなくなって出血が起こります。また、白血球が減ると、抵抗力が落ちて、肺炎や尿路感染などの感染症にかかりやすくなります。
このような血球減少は白血病などでもみられますが、骨に障害が起こるのは多発性骨髄腫に特徴的な症状です。骨髄腫細胞は、自分で骨を壊す物質を出したり、また別の細胞に骨を溶かす物質を出すように働きかけます。その結果、しだいに骨が溶けてもろくなっていきますので、最初は腰痛に何度もなるなど、強い骨粗鬆症と同様の症状があらわれます。それがさらに進むと、病的骨折と言って、弱い力でも骨が折れてしまうという状態になります。多発性骨髄腫は血液の病気ですが、骨の痛みを伴うことが大きな特徴です。

 

だから車いすに乗っていたという事実があるのでしょうね。

宮川花子さんは以前、胃癌も・・・

めおと漫才のコンビ「宮川大助・花子」の宮川花子さんが、11日、血液のがんの一種、多発性骨髄腫であることを公表しました。

現在、血液ガンで闘病生活を強いられている花子さんですが過去に胃がんも患っていることがわかっています。花子さんが33歳の時でした。

芸能人の子供.com引用

当時は上方漫才大賞を受賞して多忙な毎日を送っていた為、夫である宮川大助さんと同時期に体調を崩してしまい検査を受けることに。

その結果、花子さんは胃がんと診断されましたが手術は無事に成功してその後も再発はなかったとのこと。その時も宮川大助さんは、花子さんに病名は告げずに、必死に看病に努めたとコメントしていました

今回も辛い癌宣告だったと思います。前回同様に家族の看病の元、元気に回復して元気な姿を見せてほしいと願うばかりです。

宮川花子さんの入院先の病院について

現在は以前よりかかりつけにしていた奈良の大病院に入院しているとのことです。

現在は腫瘍などは抗うつ剤の影響で消えており退院に向けてリハビリを行っているそうですね。

現在、花子さんは「奈良県立医科大学附属病院」という奈良県にある病院にてリハビリを行っています。

【奈良県立医科大学附属病院】

  • 住所:〒634-8522 奈良県橿原市四条町840
  • 定員:945床

花子さんを担当されている主治医の天野逸人医師は会見にも同席しており、現在の病状の詳しい説明などをしていましたね。

宮川花子さんの一人娘宮川さゆみさんについて

入院中はもちろんですが、退院後は花子さんは車いす生活と言うことで、家族のサポートが必要になってくると思います。そしてあがってくるのは宮川花子さんの一人娘の「宮川さゆみ」さんです

matomenevear.jp

宮川さゆみさんは「さゆみ・ひかり」というコンビで活動していました。

 

相方のひかりさんは横川やすしさんの娘ということでビックネームの娘同士のコンビということになりますね。2007年に活動を休してから公の場に姿を表すことはなくなってしまいましたね。

Twitter引用

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました