椎名林檎は先天性の病気があった!?生い立ちや名前の由来をご紹介!

芸能エンタメ
スポンサーリンク

椎名林檎さんは、生まれた時に先天性の病気にかかり2日間もの大手術を経験しています。どうして椎名林檎という名前になったのかの由来がとてもかわいいことや、生い立ちやコンプレックスについてまとめました!

口元にあるほくろがチャームポイントの彼女ですが、

実はペンで書いていた「偽物のほくろ」がいつのまにか本物のほくろ」になったんだとか。面白いエピソードですね。

現在コロナウイルスの影響で、イベントがあちこちで中止されているなか、椎名林檎さん率いるバンド東京事変は、開催を決定。

世間の声は様々です。どうなってしまうのか。

I

椎名林檎さんについて

椎名林檎 – 本能
【名前】椎名林檎(しいな りんご)
【誕生日】1978年11月25日
【出身】埼玉県
【事務所】黒猫堂
【レーベル】ユニバーサルミュージック
【デビュー】1998年
スポンサーリンク

名前の由来が可愛すぎ

「椎名林檎」というのは芸名です。椎名は本名なのですが、実は「林檎」は幼少期のあだ名に由来しているんです。

子供の頃に恥ずかしがり屋すぎて、顔が真っ赤になることが多く、友達から「林檎!」と呼ばれていたから

なんとかわいい理由。恥ずかしくて赤くなっちゃうから「林檎」と呼ばれていたんですね。それをそのまま芸名にしたというわけでした。

椎名林檎の子供時代はこんなだった!先天性の難病を経験し、緊急手術…!

椎名林檎さんの子供時代にあった大きな出来事として、先天性の病気を持っていたことが挙げられます。

病名は「先天性食道閉鎖症」です。

 

緊急手術が行われ「丸2日間」手術したようです。

後遺症も残ってしまったそうです。それが原因で、ピアノやバレエを習っても長く続けることができなかったということも言われています。

現在も「もしかしたら」何かしらの後遺症が残っているかもしれません。

そんな難病を克服し、現在のパワーとなるわけですから、素晴らしいですね。

先天性食道閉鎖症とは

食道が途中で途切れていてミルクが飲めないという症状で、赤ちゃんに起こる病気です。
栄養が吸収出来ませんから、それ自体はかなり危険な病気なのですが、発生確率は3000~5000人に1人くらいなので、そんなに低いというわけでもありません。
食道閉鎖の治療は、小児外科を代表する手術の一つです。

喋らない子供だった・・・

幼かった頃の椎名林檎は、

「声が悪いから、声に気を遣うのは絶対にやめた方がいい」

、母親からアドバイスされるほどにガラガラした声だったとのこと。

母親から言われていたらトラウマにもなりますよね。それでもそのコンプレックスをバネにして今、歌で活躍されているのは、すごい強い想いと精神の強さを感じます!

livedoornews

高校生の時に初めての賞

Twitter

椎名林檎さんが高校2年生のときです。

Marvelous Marble」のボーカル兼ギタリストとして「第9回 TEEN’S MUSIC FESTIVAL」に出場しました。地区大会で1位を取りましたが、結果は惜しくも、奨励賞の受賞にとどまりました。なんと、驚くべきことに、この年のグランプリは歌手の「aiko」さんなんです

椎名林檎さんは、このときのaikoさんとの出会いを「一生忘れません」と語っていましたね。グランプリをとってaikoさんの歌声やライバルとしてステージに立ったわけですから、心に残る衝撃的な出会いだったことに間違いありませんね。

その後、椎名林檎さんは、高校2年生の3学期が終わったタイミングで中退しています

音楽に生きる覚悟を現した結果のようですね。

そうして、現在のようなトップシンガーソングライターとなったわけですね。

まとめると・・・

椎名林檎さんは生まれた時に先天性の難病、先天性食道閉鎖症と診断、2日間の手術をした
椎名林檎さんの名前の由来が可愛いです。緊張してすぐに林檎のように真っ赤になるから。
高校2年生の時にボーカルのコンテストで奨励賞を受賞。その時のグランプリはaikoさん。
椎名林檎さん特有の美声は幼少期はコンプレックスだった。
現在は3人の子どものお母さんとして家庭と歌を両立!ファンがいっぱい!憧れますね!
これからの活動も応援してゆきます♡

コメント

タイトルとURLをコピーしました