【新型コロナ】協力金っていつ誰がもらえるの?10万円から30万円・50万の対象は!

新型肺炎コロナウイルス
スポンサーリンク

【新型コロナ】休業の「協力金」は10万~30万円 神奈川・黒岩知事が方針を発表しましたね。東京都は50万円とのこと。緊急事態宣言により、時間短縮や休業要請に協力した事業者へ、協力金として支払うということです。では、いつ、どの事業所が10万円貰えて、30万円は誰が貰るのか、など疑問が話題となっているので、調べてみました。

まずは、本日発表となったことについてまとめてゆきましょう。

新型コロナ協力金について

【新型コロナ】休業の「協力金」は10万~30万円 神奈川・黒岩知事が方針

休業要請の「協力金」について発表する黒岩知事=14日午後、神奈川県庁

 新型コロナウイルス感染拡大を巡り、黒岩祐治知事は14日、緊急事態宣言に伴う休業要請に応じた事業者への「協力金」として10万~30万円を支給する方針を発表した。

緊急事態宣言の影響で、横浜の名画座「廃館危機」

要請に基づき休業または営業時間を短縮した中小企業と個人事業主が対象。すべての対象事業者に10万円を支給するほか、事業所を賃借している場合は1事業所の事業者に10万円、複数の事業所がある事業者には20万円を加算する。

要請時期や対象業種について足並みをそろえてきた東京都はそれぞれ50万円~100万円を支払う方針だけに、県内の事業者からの反発も予想されるということです。                        神奈川新聞社引用   

スポンサーリンク

ちなみに東京都は・・・

東京都は10日、新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるため、休業要請に協力した事業者向けに検討している「協力金」について50万円を支給することを決めた。都の要請を受け入れて休業した事業者や小規模店舗が対象となる。総額で1000億円近くになるとみられる。10日午後に概要を公表する。

給付時期は5月中旬を目指して準備を進めている

世間の声は・・・

スポンサーリンク

まとめ

協力金の幅がかなりあるのと、自治体によって金額が異なっており、皆さん混乱しているようです。

このように、相談窓口を設けられておりますので、不安に思う方や対象かどうかなど、お問い合わせしてみてくださいね。

電話がかかりにくいようです・・・

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました