【小島一慶】死去!妻池田園子と娘は小島慶子?肺がんで闘病生活だった!

芸能エンタメ
スポンサーリンク

フリーアナウンサーの小島一慶さんが肺癌のためにしきょされたと報道が流れました。誰にも言わずに闘病生活をしていたようです。家族は誰なのか調べたところ、TBSアナウンサーだった池田園子さんが妻(嫁)と出てきます。娘についても小島慶子さんと出てきますので、調べてみました。有名な人気番組「ぴったし カン・カン」の2代目司会者を務めた小島一慶さんの人生を振り返ります。

それではいってみましょう。

小島一慶さんについて

死去報告は次の通り・・・

TBSの深夜ラジオ「パックインミュージック」のパーソナリティーなどを務め、1970代から80年代にかけて絶大な支持を集めたフリーアナウンサーの小島一慶(こじま・いっけい、本名一慶=かずよし)さんが23日、肺がんのため、都内の病院で死去した。75歳。長崎県出身。

小島一慶プロフィール

1978-1984 小島一慶さんを偲んで(改訂版)

この声は小島一慶さんですね。独特な声ですね!

小島 一慶(こじま・いっけい、本名かずよし)1944年(昭19)10月2日生まれ。

長崎県出身。

68年に日本大学芸術学部放送学科を卒業し、TBSに入社。

69年にTBSラジオ「ヤングポップス1010」のDJに抜てきされる。

70年に「パックインミュージック」を担当。77年に「ロッテ歌のアルバム」でテレビ初登場。

84年に「ぴったし カン・カン」でゴールデン帯初のメイン司会を担当した。

90年に同局を退社し、フリー。趣味は麻雀、俳句など

スポンサーリンク

不祥事について

小島一慶さんは不祥事の多いアナウンサーでした。

TBS退社後は、テレビ朝日専属キャスターとして「ホットライン110番」の司会をやっていましたが、1991年に不倫騒動で全番組を降板、長期休養しています。

人気の司会者でしたが残念ですね・・・。

その後はTBSテレビのどうぶつ奇想天外!』のナレーションや、TBSラジオの『明日も元気!』にも出演し、信頼を取り戻しつつ・・・しかしまた・・・

婦女暴行容疑(示談が成立し告訴は取り下げ)で刑事告訴され、2008年12月31日で両番組の出演を降板することに・・・

所属事務所の佐藤企画からも契約満了と同時に退職・・・なんとも歯切れの悪い終わり方をしているようですね。

しかし、その後は2014年に復帰を果たし、

赤坂BLITZでパックインミュージックのイベントを白石冬美と行ったり、古巣のTBSラジオを中心に活動していたそうです。

妻の池田園子さんについて

小島一慶さんの妻は、TBSの同期アナウンサーです。

同期の池田園子さんです。

1968年に入社して、1970には退社しているので、寿退社ですね。

いまであれば結婚後も仕事を継続する方が多いですが、昔は結婚とともに辞めることが多かったのではないでしょうか。

TBS退社後は、テレビ出演することなく専業主婦だったようです。

ただ、何度も起こしている不祥事、辛い思いもされたのではないでしょうか。

娘は小島慶子さん?

 

小島一慶さんの娘さんは、小島慶子さんというようです。しかし、ネットを検索すると出てくるアナウンサーの小島慶子さんとは全く別人のようです。私も実は、

元TBSアナウンサーで現在フリーアナで活躍する小島慶子さんだと思っていました。

名前が同じということで流れた噂のようですね。

スポンサーリンク

世間の声は・・・

皆さんから温かいメッセージが流れておりました。

スポンサーリンク

こんな記事はいかがでしょうか。

新型コロナで同日に死去された和田周さんについてはこちらです↓

和田周コロナで死去(死亡)!息子は脚本家の虚淵玄!出演ドラマ【画像】まとめ!
和田周さんが新型コロナで死亡されたと悲しいニュースが入ってまいりました。沢山の大河ドラマやナースのお仕事などにも出演されていた和田周さん。ドラマをまとめてみました。そして和田周さんには息子さんがいらっしゃいます。脚本家の虚淵玄さんと出てきま...

安倍首相の体調も心配されています・・・↓

安倍首相が脳疾患(脳梗塞)だった?癌?病気は大丈夫?辞任や次の首相はだれ?
安倍晋三総理が以前脳梗塞を隠しているのでは?と話題されたことがあります。田中角栄元総理や小渕恵三元総理も患った脳梗塞。画像を含めてご紹介します。潰瘍性大腸炎やガン、肝機能も心配です。新型コロナウイルスで休む暇なく無理を続ける安倍首相。体調は...

 

 

まとめ

小島一慶さんの死去についてまとめました。肺癌のためでした。

妻や娘さんについても触れましたが、娘さんはアナウンサーではないようですね。

世間の声でも出ていましたが、ラジオを好きにしてくれてありがとう・・・

夜はともだち・・・これからも受け継がれてゆくことでしょう。

小島一慶さんのご冥福をお祈り申し上げます

コメント

タイトルとURLをコピーしました