RADWIMPS【野田洋次郎】の生い立ちは?イジメの経歴が音楽の天才を産んだ!

芸能エンタメ
スポンサーリンク

RADWIMPSの野田洋次郎さんが朝ドラ「エール」に初出演と話題になっていますね。野田洋次郎さんは昔、いじめにあっていたと言います。そのことが後々音楽の天才!と言われるようになります。母がピアニスト!即興歌や作詞作曲も素晴らしく。ギター弾き語りの歌唱力や歌声に癒されると絶賛中の野田洋次郎さん。弾き語り動画や家族構成、生い立ちについても調べてみました!

野田洋次郎さんについて

愛にできることはまだあるかい 野田洋次郎弾き語り RADWIMPS
本名 野田洋次郎
生年月日 1985年7月5日 かに座
出身地 東京
血液型 A型
身長 180㎝
体重 75㎏
足のサイズ 28.5㎝
利き手 左
視力 0.2

野田洋次郎(ノダ ヨウジロウ) 歌手・俳優。2001年、ロックバンド『RADWIMPS』(ラッドウインプス)を結成。

 

2005年にシングル「25コ目の染色体」でメジャーデビュー。

 

バンド活動のほか、俳優として映画やドラマに出演。

2015年に主演した映画『トイレのピエタ』では『日本アカデミー賞』新人俳優賞を受賞。

 

2016年には、アニメ映画『君の名は。』の劇中音楽を手掛け、アルバム『君の名は。』が初のアルバム首位を獲得するなど大ヒットとなった。

同年、『第67回NHK紅白歌合戦』初出場を果たす。

野田洋次郎さんのギター弾き語り動画

即興ギター弾き語りがたまらないですね~

野田洋次郎 即興でこれは天才。

被災地に送ったこの曲も天才と言われる理由の一つではないでしょうか。

告白 / RADWIMPS ギター弾き語り

guitarだけではなく、ピアノの弾き語りも癒されちゃいますね!!

スポンサーリンク

野田洋次郎さんが天才と言われる理由は

野田洋次郎さんは、ギターだけでなく、ベース・ドラム・ヴァイオリン・ピアノ・キーボード・シンセサイザーも演奏できる、素晴らしい演奏家でもありました!

 

野田洋次郎さんは、バンド『RADWIMPS』の、全ての楽曲の作詞・作曲を担当しています

特に歌詞の評価が高いと言われ、「独特の歌詞と音楽性で、多くのファンを魅了し続けている」と。

演技力にも定評があります!

『トイレのピエタ』予告編

野田洋次郎さんは、映画『トイレのピエタ』(2015年)に主演し、

日本アカデミー賞新人俳優賞スポニチグランプリ新人賞を受賞しています。

何よりも、即興で歌を作り、歌えてしまえるところが天才と言われています。

すごい才能ですよね。

野田洋次郎さんの母親はピアニストで美人?

ピアニストという噂もありますが、母親はピアノの先生をしているそうです。

美人なのでピアニストとして活動していてもおかしくないですよね。

野田洋次郎はボーカルですが、ギター、ベース、ドラムと一般的なバンドで使われる楽器は一通り演奏することができるのは、母親の影響は間違いなくあるのかもしれませんね。

エールに関連する記事はこちらです↓

二階堂ふみ歌声きれい!どんな練習方法をした?【エール】演技力にも注目!
昔は歌が下手だと言われていたエール(朝ドラ)に出演中の音役二階堂ふみさん。エールで生歌を披露してくれていますが、あれは吹替なの?と思うようなきれいな歌声ですよね。そして、圧倒的なずば抜けた演技力は志村けんさんも絶賛していたほどです。昔は音痴...
窪田正孝のストレッチ方法は!?シックスパック【画像】筋肉の鍛え方は?
今はエールの主人公をつとめ、大人気の窪田正孝さん。窪田正孝さんと検索をすれば筋肉!と出てきます。腹筋は割れていてシックスパック!ダンスもめちゃくちゃ上手なんですよね。どうやればあんな身体になれるのでしょうか。窪田正孝さんは独自のストレッチを...
山崎育三郎の歌唱力がすごい!ミュージカル王子と呼ばれるイケメンはイクメンだった!
ミュージカルプリンス山崎育三郎はイクメンだった!!連続テレビ小説「エール」に謎の男として注目を浴びている山崎育三郎さん。5月5日に初登場をした場面では反響を呼んでいました。山崎育三郎さんの私生活も気になるぞということで家族を調べてみました。...

 

野田洋次郎さんの生い立ち

野田洋次郎さんの家族は、お父さん、お母さん、お兄さんと本人の4人家族です。

出身地は東京都

その後、お父さんの仕事の都合で、アメリカへ移住します。幼稚園の年長から小学校4年生までアメリカで過ごします。当時の野田洋次郎さんには、アメリカ人の友達は多かったようですが、現地の日本人になぜか差別され、いじめに遭っていました。

 

その後、10歳の時に日本に帰国しても、今度は日本の小学校で

「英語を話せよ」「なんでランドセルを使わないんだ?」など、野田洋次郎さんへのいじめは、さらに過酷になっていったそうです。

耐えられなくなり、ある時期から反撃に出るといじめはようやく止んだそうですが、友人と言える友達はいなかったようです。

中学校に入学した野田洋次郎さんは、この頃からギターを始めるのですが、音楽に触れることで徐々に自分の居場所を見つけて行ったと言います。

 

通っていた高校でも、友達ができなかったらしく野田洋次郎さんは、日本人の常識に疑問を抱きながら、青春時代を送ったとのことです。

しかし、この過酷な経験こそが、名曲が生まれるきっかけとなったのです。

『ヒキコモリン』や『操縦席』などがそうですね。

RADWIMPS  ヒキコモリロリン

この頃、お母さんが心を支えてくれたそうです。だから今でもお母さんを大切にしているのでしょうね。

アメリカに住んでいたのは、4年間くらいですが、英語は堪能です。

野田洋次郎さんが作る歌詞に英語が出てくることもよくありますが、あの英語は日本人がちょっと勉強して齧った程度のものではなく、ネイティブに近いレベルのようです。

スポンサーリンク

野田洋次郎さんへのSNSの反応は・・・

歌に込められた想いなど、沢山の人を感動させているようです。

そして朝ドラエールに出てきたことで、とても驚き話題になっているようですね。

まとめ

野田洋次郎さんの天才と言われる理由や、ギター弾き語り動画についてまとめさせていただきました。

生い立ちを調べてゆくと、いじめにあった時期なども含め、色々な心の葛藤がこの天才的な作詞作曲の力になったり、

即興で音楽を作れる力へと繋がっていたのではないかと感じながらまとめていました。

これからも沢山の歌で、人の心を癒し続けて欲しいと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました